2017年06月02日

2017年5月活動報告 たくさん買い物しました。

ブログ.jpg



毎月の収入額の開示は3月を持って終了しましたが、
活動報告をやめると本当にブログ更新しなくなると感じたので
タイトルはそのままに月一報告は続けていこうと思いました。

金額はどこかでお会いした時にこっそり聞いてください。






ノートPCを買いました


top_sd_5.jpg

今まで使っていたノートPCも使ってから5年になること、
せかうさ、DSDで収録する頻度も容量も上がってきていてSSD128GBだと厳しくなってきたことから
そろそろ音源の収録により合ったものを用意したいと思い、
新しくHP spectre x360のカスタマイズしたものを購入しました。

これを選んだ理由はThunderbolt3対応している数少ないノートPCだったことで、
MAC専用でグギギとなっていたあんな機材やこんな機材が使えるようになります。多分。

スペックも十分過ぎる内容で、実際使ってみた感じまったく申し分ないです。
排熱の熱さとファンの回転音が気になりましたが静音ファンを別途購入することで解消。



買った後にIntelからThunderbolt3について発表があり、
今後緩やかに、思っていよりかは安価に広まっていくのかなと思います。



ノートPC買うタイミング間違えたかもー!と思いましたが良いもの買えたし結果オーライということで…




Sonarworksのヘッドホン周波数補正プラグインを買いました


off.png

Reference 3 Headphone Plugin」という、ヘッドホンの種類ごとに低音が大きかったり高音が小さかったりする周波数特性を限りなくフラットに補正してくれるプラグインです。

補正してくれるのはサポートされているヘッドホンだけなのですが、
たまたま該当するヘッドホン(HD650)を持っていたので導入しました。
使ってみたところ元々大きめだった低音がスッキリして、「おお、これがフラットなのか」と何故か感心しました。
よりヘッドホンの特性に左右されにくい環境でミックスできるようになったかなと思います。


Sonarworksの製品にはヘッドホン用のプラグイン版、DAW以外でも使えるようになるSystemwide版、スピーカー版があります。
詳しくは公式サイトや他の方の記事で。




YAMAHAのモニターヘッドホンHPH-MT8を買いました


header_headphones_hph_mt8.jpg


これまで音源収録に使っていたヘッドホンのRorand RH-300がくたびれてきたので
新しいのを買おうと秋葉原へ行き、片っ端から試聴してきました。

目的は収録に使う音が漏れない密閉型、つけ心地が良くて、
音がフラットに聴こえて横にボワッと広がらないヘッドホン。

その結果、数あるヘッドホンの中から一番フラットに聴こえそうな音で
装着感も良好だったYAMAHAのHPH-MT8にしました。
HPH-MT220の後継製品で、2016年11月にリリースされたばかりです。

しっとりとした質感のイヤーパッドと袋で触り心地が良いです。
ケーブル着脱式で、ストレートとカールコード両方がついてくる親切設計。
折りたためるのでよりコンパクトに持ち運びができます。
お値段はやや張りますが(投稿現在27,000円)非常におすすめです。


他の候補だと以下のような密閉型ヘッドホンがありました。
SHUREのSRH1540(高音大人しめ、お値段が5万強とお高い)
beyerdynamicのDT1770PRO(音は良好だったけどお値段が5万強とお高い)
SONYのMDRシリーズ(型番忘れてしまいました。音は良好、イヤーパッドが好みでなかった)




お仕事


5月下旬に短納期の音声編集のお仕事をご紹介いただき、てんやわんやしていました。
これまでやってきた音源制作で大量のサンプルを捌くノウハウが活きたことが嬉しかった反面、
大量タスク短納期の忙しい仕事は体がもたないので年に1,2回にしたいなと思いました。


映像、ゲーム、ボイスドラマ、アプリ系等々、
オリジナルのBGMをお求めの方は是非ご相談ください。
音声編集なども内容次第ではお受けできます。


BGM/楽曲制作のご依頼用メールフォーム
form1.png
「どうしようかなぁ…」とお悩み中でも、金額のご相談でも。お気軽にどうぞ!








猫の鳴き声集「JP Kitty Voice」をリリースしました。



「えぇ…」と思われるかもしれませんが今回も大真面目に不真面目しました。


怒ったり甘えたり驚いたり、何かを噛んだり嗅いだりといった、
感情豊かな(仔)猫の声を375サンプル収録しています。
これ、女性声優の演技なんですが言わないと気づかないくらいリアルです。


動画、ゲームなどでの使用にとても適していると思いますし、
ちょっと変わった声ネタにも使えそうですがいかがでしょうか?


猫の鳴き声集「JP Kitty Voice」
https://dova-s.jp/_contents/products/detail0013.html




KONTAKT音源の制作状況


8〜9月あたりリリースを目標に2つの音源を同時進行で制作中です。

せかうさの音源は色々作りたいものがありましたが、次は卓上木琴をやることにしました。
これまでと同じ収録方法で、材質を変えたマレットを複数用意してバリエーションを作ります。

個人的にも木琴は良く使うので、やっと音源化できるー!とテンション上がっております。
完成までしばらくお待ちください。Twitterで制作状況をつぶやいていると思います。




その他買ったもの


・AudioSamples YAMAHA C7Grand
聴いてみて良さげだったのとセール中だったので購入。

・FXpansion BFD3
王道だし取り敢えず持っておいたほうが良いと思い購入。

・Slate Digital EVERYTHING BUNDLE
アナログ再現系のエフェクトプラグインで高い評価を得ているので購入。初サブスク。

・収録用のリュックサック
サンワサプライのごっついやつ買いました。
ノートPC、オーディオインターフェイス、マイクその他もろもろが全部入るサイズで
機材を全部入れると10kg近くありました。引きこもりにはツラいです。

・収録用の5mケーブル
3mのしか持っておらず短くて足を引っ掛けそうだったので長めのを。
せっかくなので評価が高めのMOGAMI、BELDENなどのケーブルを買いました。



ご意見ご質問はこちら


何か気になったこと、聞きたいことがあればいつでもメッセージをお送りください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


posted by もっぴーさうんど at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450445968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック