2016年11月18日

アイドル楽曲制作向けの蒸し暑い男性掛け声音源『JP Idol Call』発売しました。

0003m.png


・KONTAKT版
https://dova-s.jp/_contents/products/detail0003.html
・WAV版
https://dova-s.jp/_contents/products/detail0004.html


前回に引き続きDOVA-SYNDROME運営のDSDとKONTAKT/WAV音源を共同開発しました。
今回のはアイドル楽曲制作向けの蒸し暑い男声掛け声音源「JP Idol Call」です!






「JP Idol Call(ジェーピーアイドルコール)」はKONTAKT用の男声コール(掛け声)音源です。
アイドルのライブ、あるいはライブを模した音源の制作で必要なアイドルファンの掛け声にフィーチャーし、
会場全体を盛り上げる代表的なコール・歓声を厳選し合計146サンプル収録しています。
ドライな環境で収録しており、KONTAKT上のエフェクトを利用したりご自身のお好きなプラグインを使って自由に音作りができます。
WAV形式のも販売しているのでサンプルパックとしてもお使いいただけます。


制作コンセプトとしては、
「アイドル曲を作っていて、イメージしやすいようにデモ段階でコールを入れたい」とか
「アイドル要素のある曲を作りたいからむさ苦しいコール入れたい」とか
「擬似的なアイドルのライブ音源を作りたい」とか
完全にそっち向きの賑やかし音源として開発しました。

「ハイ!」「ハーイハーイハイハイハイハイ!」「フワフワフワフワ」みたいな
コールによくあるフレーズを収録しています。



動画:操作紹介



今回一番推したいポイントはすごく熱いコールの声なのですが
制作者向けのセールスポイントとしては、ほぼ全てのコールがテンポ同期するということです。
一般的な掛け声アイドルソングのテンポがBPM=150〜200であることに着目して、
リズムフレーズが製作中のプロジェクトにテンポ同期するよう念入りに調整しています。

例えば「ハイ!」だとテンポ違いのサンプルを4種類用意していまして、
  短い「ハイ!」→テンポ同期なし
  「ハーイ!」→自動で2拍になるようにテンポ同期
  「ハーーイ!」→自動で3拍になるようにテンポ同期
  「ハーーーイ!」→自動で4拍になるようにテンポ同期
がそれぞれキーに割り当てられています。

なので、「ハーーイ、ハイ!」とか「ハーーーイ、ハイハイハイハイ!」とか
組み合わせて使うことで定番の掛け声を作ることができます。
それらを細かなタイムストレッチを行うことなく、ただMIDIノートを打ち込むだけで作れるので
簡単操作で楽曲作りに集中することができます。



注意点としては、かなりドライな環境で収録しているので
そのまま使うと浮いてしまうかもしれません。
曲によりけりだとは思いますが、インサートにリバーブを直挿ししちゃって
調整していただくとかなりそれっぽくなるんじゃないかなと
上のデモ曲を作っていて思いました。

デモ曲はライブ音源風を目指して作ったのでかなり深めにかけていますが
動画を見ていただくとかなりドライで録られているのがわかるかと思います。



0003m.png


・KONTAKT版
https://dova-s.jp/_contents/products/detail0003.html
・WAV版
https://dova-s.jp/_contents/products/detail0004.html



是非買っていただいて、アイドル曲や電波ソング、その他男声コールを入れると
すごくそれっぽくなる曲に使っていただき、楽しんでいただけたらなと思います!


DOVA-SYNDROME SOUND PRODUCTS
https://dova-s.jp/_contents/products/



このエントリーをはてなブックマークに追加


posted by もっぴーさうんど at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音源製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444108328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック