2016年06月27日

KONTAKT用鍵盤ハーモニカ音源「WR YAMAHAPIANICA」リリースしました

SQ_01.jpg

サークル「世界のすみっこでうさぎは空を眺める。」名義で
KONTAKT用鍵盤ハーモニカ音源「WR YAMAHAPIANICA」リリースしました。

今回も子供の頃に使ったことのある楽器を作ろうというテーマで
ヤマハ製のピアニカをシンプルで使いやすい形にKONTAKT音源化しました。
是非お手にとっていただけると幸いです。

BOOTHから購入いただけます!
https://sekai-usagi.booth.pm/items/276952

せかうさのWR YAMAHAPIANICAページ
http://www.sekai-usagi.com/#!wr-yamahapianica/ugk46

※KONTAKTのフル版で動作します。KONTAKT PLAYERだと使用に15分の時間制限が付きます。




音源の詳しい仕様についてはサイトをご覧いただくとしまして、
ここでは製作背景だとかそういったものを書こうかなと思います。



「WR YAMAHAPIANICA」を作った経緯


以前に「POOR RECORDER」という、わざとへたっぴな演奏を収録したリコーダー音源を作ったことがあります。
そこから派生してへたっぴシリーズを作り続けても良いかなとは思っていたのですが、
KONTAKT音源化するにあたり音源として使いやすくかつリアルな音はどうしたら再現できるだろう?
ということをまずは考えるべきと思いました。
現時点で行き着いた答えが

 「アタック音とリリース音」
 「適度に揺らいでいる、長めに収録した演奏音」
 「(へたっぴ奏法とかでない限り)極端すぎないラウンドロビン」
 「音と音の繋がり(レガート・ポルタメント)」
 「共鳴音(複数の音階を同時鳴らす楽器は特に)」
 「ドライな音 + ウェットな音」
 「サイズ、動作が重すぎない」
 「演奏がもたつかない」

をうまいこと収録してスクリプトを組むことができれば良いものができるのであろうと。
しかしそれら全部を収録して再現するのは相当な困難が伴うので
今後音源を作っていくにあたり、それらを1つずつ実装していって
しっかりとしたものを出していけるようにやっていこうという考えに至りました。

そこで手始めにサークルの方向性にも合い上記のテーマにも合致していた、
ヤマハ製のピアニカを音源化することにしました。




「WR YAMAHAPIANICA」の特徴


ヤマハピアニカ音源を作るにあたり、上記の要素から「アタック音とリリース音」「極端すぎないラウンドロビン」を目標として掲げ注力しました。
特にピアニカのようにシンプルな楽器は打鍵音が音源のリアルさを担う重要な要素と考えており、
世にあるような音源と比べて打鍵音にかなりの比重が置かれています。

「WR YAMAHAPIAICA」は演奏音と打鍵音が独立しており、
打鍵音(アタック音とリリース音)をそれぞれ音量調節できるようになっています。

仕組みとしては至って単純で、普通の演奏音と打鍵音をそれぞれ別に収録し、
普通の演奏音に含まれている打鍵音あるいはタンギング音を削り
その上に別に録った打鍵音を重ねているだけです。

打鍵音のサンプルを45個用意し、演奏音よりも細かいラウンドロビン3個 + ベロシティレイヤー7段階にすることで演奏していても機械っぽくならない作りになっています。
次回以降もこの仕組みを利用することで音源特有の単調さを解消できるのではないかなと思います。




ちょっとした裏話


ご存知の方も多いと思いますが、「ピアニカ/PIANICA」はヤマハ株式会社やその他いくつかの企業の登録商標であり、この名称を使った商品を販売すると商標権の侵害となります。

当初は「WR PIANICA」で出すつもりだったのでこれはマズいぞということになり、
ヤマハさんに音源化の許諾を頂きつつ音源名の相談もさせていただき
今回の名称「WR YAMAHAPIANICA」となりました。

ちなみに「メロディオン」は鈴木楽器製作所の登録商標であり、これらの一般的な名称は鍵盤ハーモニカです。
地域によってピアニカであったりメロディオンであったり鍵盤ハーモニカであったり、一般的に呼ばれている名称が異なるみたいですね!




今後について


直近の話だと、
実はメロディオンを音源化する許諾を鈴木楽器製作所さんから既に頂いています。
なので年内ギリギリにはそちらも出していけたらなと、そう思っています。

完成まで少し期間が空いてしまうので、その合間に比較的製作難度の低い小物系の楽器を
ちょこちょこ出していけるように現在動いています。
また完成したらツイッターなりこのブログに書きますので是非よろしくお願いします。


将来的な話だと、和楽器やりたいよねって話をしていまして。
確約はできないので話半分でお願いしますが、その辺の情報集めをしています。
まだ音源制作のノウハウが浅いのでいずれ。

個人的には日本らしいドライで艷やかなストリングスを滅茶苦茶作りたいです。
サークルとしてはともかく、自分の中では最終目標として掲げており
どう作ったら理想のものができるのか頭がぐちゃぐちゃしているので仕様を考え中です。いずれ。





pianica_card.png

ということでKONTAKT用鍵盤ハーモニカ音源「WR YAMAHAPIANICA」をどうぞよろしくお願いいたします。

BOOTHから購入いただけます!
https://sekai-usagi.booth.pm/items/276952

せかうさのWR YAMAHAPIANICAページ
http://www.sekai-usagi.com/#!wr-yamahapianica/ugk46

※KONTAKTのフル版で動作します。KONTAKT PLAYERだと使用に15分の時間制限が付きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


posted by もっぴーさうんど at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音源製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック