2015年09月12日

Cinesamplesのピアノ音源「Piano in Blue」がとても良かったのでご紹介

PianoinBlue.png

https://cinesamples.com/product/piano-in-blue

オーケストラ音源や劇伴向けのパーカッション音源などを多数制作している海外の大手メーカー、
Cinesamples社の出しているピアノ音源「Piano in Blue」が大変良いのでご紹介します!

Cinesamples公式サイト
https://cinesamples.com/


IvoryUItalian Grandを愛用していたのですが、PCを替えてからエラーが頻発するようになり
解決法が見当たらなかったため急遽別のピアノ音源を買おう!と選んだのがPiano in Blue。


公式デモ

デモは全部ジャジーな雰囲気。まさにという音でスバラスィ…
静かな映画音楽やアンビエント系にもピッタリ合うと思います。

音源によってはデモ曲の音作りが極まりすぎて「俺の買った音源と全然音が違う!」
と嘆き叫ぶことがたまにありますが、Piano in Blueはほぼ調整なしでデモと同じ音が鳴ります。
ROOMマイクやSurroundマイクをONにして付属のリバーブをかけるだけ。楽ちん。

CLOSE、ROOM、Surroundとそれぞれ距離の異なるマイク3本をつかって収録されており、
作る曲に合わせて音の雰囲気を大きく変えることができるのが特徴です。
音のはっきりしているCLOSEと空気感の強いROOMやSurroundを混ぜたり
Surroundにリバーブを強くかけてアンビエントな雰囲気を出したり
テープ録音とVINTAGE MONOでちょっとビンテージにしてみたり。
ハマる曲では本当に綺麗に鳴るのでPiano in Blueはおすすめです。

ただ、音の質感はとても生々しいのですが特徴的な音のこもり方をしているので
間違いなくポップな曲なんかのバッキング等には合わない音をしています。
他のピアノ音源と併用して使い分けていくと良いと思います。









ピアノ音源は本当に沢山のメーカーが出しているのでそのうち自分に合うものを見つけたいです。
そんなわけで知ってる有料ピアノ音源で個人的に良いなあと思ったものを並べてみました。
完全にもっぴーさうんどの好みで選んでいるので、ここにないピアノ音源が悪いということは
一切ありませんしむしろおすすめを教えていただきたいぐらいでして。
そこだけは何卒ご理解のほどお願いいたします。

並び順は適当です。
名前をクリックするとGoogleの検索結果に飛びます。

Synthogy IvoryUシリーズ
これはもう説明不要な鉄板音源ですよね…
Itarianには相当お世話になりました。

Soniccouture THE HAMMERSMITH
今年の4月にリリースされたグッドなピアノ音源
触ったことが無いのでなんともですが、デモはすごく良い…

Steinberg The Grand3
これも録音が特徴的なのでソロ向き
YAMAHA教室などでピアノを弾いてきた方には馴染みある音だったりするのでしょうか?

Imperfect Samples Steinway & Sons 1908 Walnut Concert Grand
Imperfect Samples Fazioli Ebony Concert Grand
ものすごくエモーショナルなソロ向きのピアノ音源
音の響き方からして他とはかなり異質です
特にEBONY Concert Grandの最上位版はベロシティレイヤーが最大127という、
ここに挙げているピアノの中では一番変態音源です(褒め言葉)

8dio Pianoシリーズ
このシリーズもかなり雰囲気の良いピアノ音源
劇伴向けの音源を大量に作っているメーカーなので映像系に合うかも

TOONTRACK EZ KEYSシリーズ
コードに合わせて自動伴奏してくれるピアノ音源ってこれだけじゃなかろうか
オルガンやエレピ、アップライト、メロトーンなど販売している音源が豊富なのも良い
コンセプトは「"簡単操作"と、"作曲・編曲をサポートすること"」バッキング向け

XLN Audio Addictive Keysシリーズ
粒立ちが良く、XLN Audioらしいコンプがかった音
バッキング用途としてEZ KEYと並んで好みが分かれそう
もっぴーさうんどは明るいハキハキした音を出したい時に使っています



このエントリーをはてなブックマークに追加


posted by もっぴーさうんど at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425803629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック