2015年04月29日

Steinberg製音源「Dark Planet」のご紹介

VSTSIS.jpg


NEXUS2とかSylenth1とか思い切って買ってしまえばいいものを、
結局Steinberg製のシンセを使い続けているもっぴーさうんどです。
拡張音源までレビューしているところはほとんど見当たらないので
この際Steinbergの回し者になってしまおうかとw
購入の目安になれば幸いです。


さて、久しぶりのHALION紹介となる今回は最近出したBGM素材集「Space Core」でも多用した
宇宙っぽい音が色々詰め込まれているシンセ音源「Dark Planet」をご紹介しようと思います。
スタンドアロンとして使用できる他、HALionにも自動で組み込まれるので
Cubaseユーザーなら誰でも気軽に使えます。

◆Steinberg製音源「Dark Planet」


DarkPlanetS860.png

http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/dark_planet/start.html
名前の通り宇宙っぽいシンセ、リズムのプリセットが801個収録されている音源です。
ホラー系にも使えそうな音がちらほらあり、それらのジャンルを作ろうとしている方は
購入を検討してみても良いかもしれません。



中身はというと、プリセット段階で完成されたものが多く
サンプリング素材を使って作曲しているような気分になります。

かなり短時間でそれっぽいものが作れる手軽さがある代わりに
リズムやコードを少し変えたいといった融通が効かないので、
選んだプリセットを主軸に周りを構築していく作り方になります。

また、DarkPlanet単体だとどうしてもパッド中心のふわっとした曲になりがちなので
HALionやその他音源を上手く組み合わせる必要があります。



百聞はなんとやら。適当に音を鳴らしてみました。

シンセパッド 61プリセット


音階ごとに音が鳴る、ごく一般的なパッド。
フェイザーやフランジャーの掛かったようなものが多く
割と扱い易いものが多いです。
モジュレーションフィルターを使ってッファーッファーッファーってしてみるのも面白いかも。



ドラム&パーカス 400プリセット


ループ素材。テクノ系の音がかなり多いです。
使えるものも多いですが、中には「このペェンペェンした音いらんやろ!」などと
いったものもちらほらあり、少し不便だったりします。

また1プリセットにつき一つのリズムなので、単純に400個のリズムパターンがあります。
同じ音色でリズムを変えたいという場合には
自力で根気良く打ち込むことでリズムを構築する必要がありますが
スライスの数が多すぎてあまり現実的ではありません。
諦めてループ素材として使うのが良いでしょう。

とは言うものの、なかなか自分では作れないリズム・音色なので
使える場面はそこそこあるんじゃないかなあと思います。



SFX系の綺麗なやつ 236プリセット


これら、指一本でG#2をずっと押しているだけです。
DarkPlanetの大きなメリットでもありデメリットでもあるこの完成された音。
これらを上手く料理してあげられるとこの音源は活きてくると思います。



SFX系の効果音的なやつ 42プリセット

それっぽい効果音がいっぱい。ホラーにも使えそうなのがちらほら。
1プリセットの中に何十個も効果音が入っているものもあるので
見かけ以上に沢山あります。
ノイズの音や喋ってる声とか宇宙で連想するようなものは大抵入っているので
音ネタ…とまではいかないですがちょっとしたエッセンスに使えると思います。



リードやベースも多少ありますが、おまけに近いレベルなので割愛します。
宇宙っぽい曲というと民族系の弦なんかもたまに鳴っていたりしますが
DarkPlanetにはそういうのはありません。ほぼ全てシンセらしい音です。

ちなみにプリセットの内訳は以下の通り。
  ドラム&パーカス:400
  SFX(音楽的なやつ):236
  シンセパッド:61
  SFX(効果音的なやつ):42
  ベース:35
  その他リードやコーラスなど:27




お値段は4,980円。Cubaseユーザーなら誰でも利用可能。
その他のDAW利用者はUSB-eLicenserというIlokみたいなものが別途必要なのでご注意ください。

体験版や詳細はこちら
http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/dark_planet/start.html

購入ページはこちら
http://www.steinberg.net/jp/shop/vst.html



ということでSteinberg製音源「Dark Planet」のご紹介でした。

Dark Planet+色々な音源を使って製作したゲーム向けBGM素材集「Space Core」を
4月に発売したので、もし良ければ使ってやってください…っ!
https://moppysound.booth.pm/items/91537

デモ曲はこんな具合。


このエントリーをはてなブックマークに追加


posted by もっぴーさうんど at 08:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | HALION紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お気づきかもしれませんが、Dark Planetのリズムパターンは、HALion5のSlice Playerを使えば、DAW上にMIDIとして貼り付けることが可能です。
よって音色はそのままで、リズムパターンだけいじることもできます(他のライブラリも同様です)
Posted by 名無し at 2016年01月13日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418112451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック