0コメント

お世話になってる有料音源メーカーまとめ 前編

ちょっとまとめてみようかなと思いまして!前編後編に分けて書きます。

後編はこちら

順番は適当です。
各項目は

・音源メーカー
・もっぴーさうんどが使っている主な音源
・簡単な説明と感想

で書いています。
前編はメジャーどころです!




Cubase8-Topbanner_02.jpg

メーカー名:Steinberg
使用している主な音源:HALION 5
http://japan.steinberg.net/

皆様御存知Cubaseの開発元。ハードからソフトまで幅広く揃えています。

HALION5はこれだけあればどんなジャンルもいけちゃう系のマルチ音源・サンプラーです。
MIDIっぽい打ち込み臭さは残りつつも無難な音をしているので
Cubaseユーザーが初めて購入する音源にオススメです。
音源にあんまり予算掛けたくない方向けとしても良いんじゃないでしょうか?

それ以外のDAWユーザーの場合、HALION単品で購入しようとすると
ドングルというUSBが別途必要になるので面倒かもしれません。

なので、もし購入をお考えの場合、Absolute Collectionがお勧めです。
Steinbergの6つの音源のバンドルです。
http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/absolute_vst_instrument_collection/start.html
パッケージ版だとドングルもついているので他のDAWでも問題なく使用できます。

Cubaseユーザー向けのDL版は32,800円、他DAW向けのパッケージ版は35,000円前後。
+1万円でHALION SONIC2をHALION5にアップグレードできます。
他にも沢山音源出してるのに、なんで6つだけ…w
という疑問は未だに拭えていませんが、お得であることには変わりないのでお勧めです。


また、最新の製品はGROOVE AGENT4というドラム音源です。
対応するジャンルの幅広さやリズムパターンの半自動演奏機能など使い勝手は良好で
既に出ている王道ドラム音源の音質には及びませんがコスパが大変よろしいです。
(未所持。体験版で一通り使用した感想です)





KOMPLETE.jpg

メーカー名:NativeInstruments
使用している主な音源:KOMPLETE 9 ULTIMATE
http://www.native-instruments.com/jp/

作曲している方はほとんどご存知であろう超有名メーカー。
音源のKOMPLETEシリーズ、DJ向けのTRAKTOR、ビート製作ツールのMASCHINEがあります。

大量の音源、エフェクトを揃えており、
それらをバンドルとしてまとめたKOMPLETEシリーズについては
「本格的に作曲するならとりあえず持っとけ」というレベルのスタンダードですね。
もっぴーさうんどはつい最近まで持っていなかったわけですが…タカクテ…

KONTAKTはHALIONと同じマルチ音源・サンプラーです。
HALIONとの大きな違いとしては、
様々な音源メーカーが出している音源を使用するためのプラットフォームとしても機能していることです。
つまり、音源をガンガン購入して使っていく場合にはHALIONを買うよりもこちらを買ったほうが良いでしょう。
KONTAKT形式のフリー音源も色々出ているので、イメージ的にはSFZの上位互換としても機能します。

KOMPLETEシリーズはKOMPLETE(いわゆる無印)、KOMPLETE ULTIMATEの2種類あります。
ULTIMATEはKONTAKTを含むNI社の75製品(10時点)をバンドルしたもので、
無印はKONTAKTを含む39製品からシネマティックや生音系の製品がごっそり抜けたものになります。

NI社は夏や11月末にセールを行っているので、その機会に買うと良いと思います。





XLN.jpg

メーカー名:XLN Audio
使用している主な音源:Addictive Drums 2
http://www.xlnaudio.com/

ドラム音源御三家(BFD,SD,AD)と呼ばれる超有名ドラム音源の一つである
Addictive Drumsの開発元です。
主力製品はもちろんAddictive Drums 2。ピアノも出しています。

御三家の中で恐らく最もプリセット段階での音作りがされており、
すぐに打ち込みに入れる取り回しの良さがとても好印象です。
バージョンが2に上がったことで音作りの幅も広がり、さらに便利に。

余談ですが、もっぴーさうんどはその昔にADの最上位バンドルを購入し、
Addictive Drumsにおける全製品の永続無料アップグレード権を所有しております。
新しい拡張パックが出たら真っ先に試せるので気になった方は聞いていただければ。





Spectrasonics.jpg

メーカー名:SpectraSonics
使用している主な音源:Trilian
http://www.minet.jp/brand/spectrasonics/

これまた超有名な音源メーカーです。
リズムのグルーヴ・プロダクションStylus、シンセのOmnisphere、ベースのTrilian。
映画音楽には無くてはならない音源と言われているぐらい質が高いです。

ベース音源だけ所有しているのですが、Trilianは出音に非常に拘っており
ラウンドロビンの数やハンマリングの音など、とにかくリアルな演奏が
表現できるように作られています。

問題は作り手側が活用しきれずに性能を引き出せていないこと(精進します…)





Ivory.jpg

メーカー名:Synthogy
使用している主な音源:Ivory II Italian Grand
http://www.minet.jp/brand/synthogy/

有名ドコロが続きますが、お次はピアノの音源メーカーです。
ピアノの銘柄別にいくつかの製品に分かれており、
そのどれもがとても綺麗で上品な音をしています。

所有しているItalian Grandも同様に綺麗で繊細な音をしており、
それでいて低音から高音まで丁寧に鳴るのでソロにも十分耐えます。

逆に綺麗過ぎてノイズがほとんどないため、ベタな打ち込みだと
余計に打ち込みっぽく聴こえてしまったり
音の減衰が速かったりという欠点もありますが
これらの代わりになるピアノ音源はあまり無いのではと思います。





Ample.jpg

メーカー名:AmpleSound
使用している主な音源:アコギシリーズ3種
http://www.amplesound.net/en/index.asp

アコギ、エレキギター、エレキベースを出しているメーカーです。
ここのアコギシリーズを使っているのですが、とてもリアルな音をしています。

色々なメーカーがギター音源を出していますが、AmpleSoundの特徴と言えば
バッキング、ソロ両方とも 高レベルにこなしてくれる点だと思います。
反面、多少独特な使い方を要求されますが慣れてしまえばむしろ作りこみ易いかなと。

最近バージョン2に上がり、使いやすさが向上してとてもおすすめできる音源です。





Promi.jpg

メーカー名:Prominy
使用している主な音源:V-MATAL
http://www.prominy.com/japan/

エレキギター、ベース音源を主に出している国内メーカーです。
収録するサンプリング量にかなり拘っており、ギター一本を収録するのに19GBや64GBもの
容量を使っています。

膨大な数のキースイッチを操作しながら打ち込んでいくのですが
いかんせん数が多すぎるので混乱することもしばしば。慣れが必要です。
その分作りこまれた音は非常に素晴らしく、細かい打ち込みができる方にとっては
心強いパートナーになるかもしれません。
今度アコギも出すようです。楽しみ。




Eastwe.jpg

メーカー名:EastWest
使用している主な音源:QLSO Gold
http://www.soundsonline.com/

オーケストラを筆頭に、民族系やロックな音源も出している超有名メーカーです。
とりわけ大編成向けオーケストラ音源の「QLSO」「Hollywood」シリーズが有名です。
はじめから音が作りこまれており、打ち込みさえすれば結構良い感じに鳴ってくれるのが
ここのメーカーの素晴らしいところです。
最近、最上位音源のハリウッドシリーズが全て完成しセット販売されたようです。

かなりCPUやメモリを喰うので、PCスペックが足りないと
複数トラック立ち上げたらもたついたり再生停止しても音が鳴り続けたり…若干苦労します。





mercury.jpg

メーカー名:WAVES
使用している主なエフェクト:Waves Gold
http://www.minet.jp/brand/waves/gold/

こちらは音源ではありませんが、超有名なエフェクト・プラグインメーカーです。
基本的なエフェクトが揃っているWaves Goldは安定感あります。
Wavesを中心にKOMPLETEのエフェクト類、稀にDAW付属のエフェクトを使い分けています。



今回は有名どころを中心に特にお世話になっている音源・エフェクトを書いてみました。
次回はその他の音源をまとめたいと思います!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック